FC2ブログ
カタルシス
- 2012/06/04(Mon) -
小説でも映画でもドラマでも、カタルシスが大事です。
抑圧された状態から一転して、快適で満足できる場面へ展開する、その仕掛けが好きです。

典型的な事例は、ご存じ「水戸黄門」でしょう。
葵のご紋の印籠が登場すると、藩主が平身低頭し、悪役の家老たちは観念する。
わかっているのにカタルシス。


連続ドラマでは、次週へと興味をつなぐために意図的に、ラストで急展開を見せることが多いですが、その内容は両極端です。
(1)悪い方向へ急展開。これからどうなる? ドキドキして次週を待つ。
(2)良い方向へ急展開。早く続きを見たい。 ワクワクして次週を待つ。

日本のドラマには(1)が多いのですが、韓国歴史物では(2)が目立ちます。
個人的には、次週を待ち遠しく感じるのは、明らかに(2)です。
ラストでカタルシスを得て、その幸せなシーンの続きを早く見たいからです。
快適な気分のまま、1週間を過ごすことができます。

韓国ドラマが(1)のパターンで終わった場合、たいていは陰謀がらみの急展開です。
ムカムカして気分の悪い1週間を過ごすはめになります。
はやくその気分を晴らしたいので、結局、次週が待ち遠しい。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<たし算 | メイン | 執筆環境>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |