FC2ブログ
鰯の頭も信心から
- 2018/07/27(Fri) -
『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(津川友介著)という本を、映画館の帰りに買いました。
たぶん、すごくいい本です。ちょっと読んだだけで、ピンときます。
ただ、まだやっと3ページ目まで読んだところなのですが、ちょっと気になるフレーズで引っかかっています。

「もう『○○だけ食べていれば健康になれる』といった類のあやしい健康本を購入する気にはならなくなる」

いや、私もかつて「ブロッコリー本」に荷担したことがありますが、怪しいことを書いたつもりはありません。
ブロッコリーのことを、面白おかしく紹介しただけです。たまにブロッコリー食べてみてはどうですか、的に。

だいいち、「ブロッコリーだけ食べていれば健康になれる」みたいなアホなことは、誰も考えてないでしょう。
せいぜい、「ブロッコリーも時々食べたらいいかもね」ぐらいの受け止めでしょう、今どきの読者は。

「ブロッコリーを続けると、何かいいことがありますか」という質問を、ときどき受けます。
「1年続けたら習慣になり、3年続けたらもう止められませんよ」と応えたくなりますが、そうは言いません。

当ブログと同じで、ある程度続けてると止めようにも止められなくなります。中断するのがもったいないから。
続けてること自体に満足してしまうのです。だからそれは、ブロッコリーでなくても何でもいいのです。
自己満足も捨てたモノじゃありませんよ。たぶん良いホルモンが出ますから。
巷の健康本にもそんな面があるのです。信じて読めば、それなりに効果はありますよ、きっと。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<ジュラシック・シリーズ | メイン | 鼻炎も貼り薬>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |