FC2ブログ
子どもと航空機
- 2018/08/24(Fri) -
最近、学会参加のほかに初孫に会いに行くことなど、上京する口実がいろいろあります。
そういうわけで、飛行機に乗る頻度がとても増えています。良いコトです。

ところが今日は、東京往復の飛行機の出発が、どちらも遅延しました。
「使用する飛行機の到着が遅れたために、出発が遅れますことをお詫びいたします」
というアナウンスが流れました。つまり、機材繰りによる遅延です。

前にも書きましたが、1機の旅客機はたいてい、1日に6便の運航をこなしています。
途中で何かの理由で遅延でもあれば、その後の便がみな、遅延します。
欠航でもあれば、その後のやりくりがつかなくなり、欠航の連鎖が起きます。

ちなみに今日の帰熊時に私が搭乗したNH647便の機材JA709Aは、2000年6月に投入されたベテラン機。
今朝から、羽田ー福岡、福岡ー那覇、までは定刻だったのに、次の那覇ー福岡が58分遅れ。何があったのか。
その影響を引きずって、福岡ー羽田も55分遅れで出発。しかし機長の頑張りで、羽田到着は21分遅れに改善。
それなのに、私の羽田ー熊本が63分遅れで出発した理由は不明です。

今日は3つ隣の席に1歳ぐらいのお子さんが、お母さんに抱かれて乗ってました。
3歳未満だとチケットは必ずしも必要なく、誰かが抱っこして搭乗します。
離着陸時には、シートベルトを装着した保護者が、そのお子さんを抱っこしていました。
お子さん自身はシートベルトをしてませんが、でも、それでいいんでしょうかね。
万一の時、いくらしっかりと抱っこしていても、お子さんはきっと投げ出されてしまうでしょう。
お子さんが飛び出してしまうのを防ぐ装具かチャイルドシートが、本当は必要だと思います。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<ビールから下剤 | メイン | 禁煙したら糖尿になる>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |