FC2ブログ
ネット上の情報
- 2012/06/19(Tue) -
熊本の県立高校の、全校生徒の顔写真入り名簿が、ネットに流出したと報道されました。
名簿作成の下請け業者の担当者が、データをクラウド上に保存したのが原因のようです。

業者はデータを慌てて削除し、学校は「個人情報が悪用された形跡はない」と釈明。
残念ながらこういうのを「あとの祭り」といいます。
デジタル情報というのは、漏れたら回収できないものだからです。

そのことは私自身、つねに肝に銘じています。

たとえばブログ。いったん投稿した文章は、誰かにコピーされたりリンクが張られ、拡散していきます。
コピーは増殖し、あちこちで保存され、もはや削除や訂正すらできなくなります。
永久に、ネットの中に、あるいは誰か第三者のパソコンの中にさえ、存在し続けることになるわけです。

「書き手」はつねに、情報発信源としての責任を忘れないようにしなければなりません。

怖いのは、一見複製されたように見えるものが、実は修正・改変されている可能性もあるということです。
テキストベースではいともたやすいことですが、今の技術なら画像でも動画でも同じことでしょう。
その「改変者」が悪意に満ちていたとしても、それを拡散するのはたいてい、善意の第三者です。
改変された文章は大量に複製され、そのサイト数が多くなれば、ついに「真実味」さえも出てきます。

「読み手」はつねに、情報の信憑性に留意して、その拡散には責任をもたなければなりません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<Surface発表 | メイン | 台風被害>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |