FC2ブログ
本庶佑氏の警鐘
- 2018/12/12(Wed) -
ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏の、ノーベル・スピーチ後の記者会見の内容が、胸を打ちました。
HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)についてのコメントが求められた際の、その返答です。

「マスコミはきちんと報道していただきたい。(略)ワクチンの副作用というのは、一切証明されていない」
「世界で日本だけ、若い女性の子宮頸がんの罹患率が増えている」
「マスコミは、ワクチンによる被害を強く信じる一部の人たちの、科学的根拠のない主張ばかりを報じてきた」
「はっきり言ってマスコミの責任は大きいと思う。(略)今からでも遅くないから、きちんと報道してほしい」

以上は、HPVワクチン問題についての活動が世界的に評価されている、村中璃子氏の記事から引用しました。

この重大な発言は、日本のワクチン行政やマスコミに対して「激震」とも言える影響を与えたはずです。
ところが、村中氏も述べているように、日本のメディアはいまのところ、本庶氏の発言を報じていません。
沈黙を守っているメディアは、いま何を考えているのでしょう。考えられる可能性は、

(1)影響力の大きい本庶氏の発言を、このタイミングで否定するのは得策ではない。黙殺あるのみだ。
(2)今後どのようなスタンスをとるかは、厚労省や他のメディアの動向を見ながら、慎重に決めたい。
(3)HPVワクチン問題を、ゼロベースで検証する機会かもしれない。この際、真面目に考えてみよう。

学会や国際機関がいくら非難しても動かなかった国は、もはや積極的勧奨接種再開のきっかけを失っています。
だからこそ、本庶氏の発言を千載一遇のチャンスと考えなければなりません。
弱いくせに重い腰を上げるには、この機会を利用するしかないのです。厚労部会長には協力をお願いします。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<成人男性に風疹ワクチン | メイン | 夜明け前が一番暗い>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |