FC2ブログ
アニョハセヨ
- 2018/12/31(Mon) -
ソウルからお送りしています。こちらも大晦日です。
今朝、福岡空港を出発して、大韓航空機で仁川(インチョン)空港に着いたところです。
いまからボーイング747型機(ジャンボ!)に乗り継いで、マレーシア(クアラルンプール)に向かいます。

ひところ世界中の航空会社の主力機だったボーイング747ですが、近年は退役ラッシュです。寂しいですね。
旅客機としていまなお運用しているのは、中国国際航空とルフトハンザ航空と大韓航空だけ。あとは貨物機。
日本の政府専用機としてはよく見かけましたが、それも今年まで。来年からはボーイング777型機になります。

ところで今年の正月は、マレーシアで過ごすことになりました。観光ではなく研修旅行です。つまり勉強です。
現地には夜遅くに到着するので、念のため今日のブログは、乗り継ぎの時間を利用して空港で書いております。
いつもの「インチョー(院長)ブログ」が、今日は「インチョン(仁川)ブログ」でもあるというわけです。

それほどブログの連続投稿を中断したくないのかと問われれば、その通り。なので旅行の時は常に不安です。
クアラルンプールには23時頃に到着しますが、これはトラップです。日本時間ではすでに、0時だからです。

機内で執筆・投稿することも考えましたが、ジャンボのWi-Fiに不具合があるかもしれません。
というわけで今、パチパチとMacBookのバタフライキーボードを叩いて、空港ラウンジで執筆中なのです。

でもって、さっきはインチョンブログとか言いながら、いま書きたいのは福岡空港で待たされた話など。
すでに昨日のうちに「オンラインチェックイン」を済ませていたので、今日は楽勝かと思いきや・・・

(1)地下鉄駅から国際線までのバスの所用時間が、けっこう長い:腰痛のある人(私)は、必ず座るべきです
(2)Wi-Fiルータの空港受け取りカウンターが、早朝はかなり混む:時間帯によっては別の方策を検討すべき
(3)チェックインカウンターが、超長蛇の列:手荷物は預けないので、カウンターの列には並びません
(4)検査場にも長蛇の列:今日の開場は7時44分でした。それ以上早く行く意味なし。
(5)出国審査は、自分でパスポートの顔写真をスキャンするだけ:なぜか怖い係官とは、対面する必要なし

オンラインチェックインはとても便利ですが、その恩恵が最大限に得られるのは、荷物を預けない時です。
パスポートにスタンプを押してもらうためには、出国審査後にわざわざ、係員にお願いする必要があります。
というわけで、インチョン話はまた後日です。では、よいお年を。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<スラマッ パタン | メイン | 財布を忘れて海外旅行>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |