FC2ブログ
インフルいきなり警報
- 2019/01/18(Fri) -
熊本市のインフルエンザは、先週時点ですでに警報レベルに達しています。この2週で急な伸びです。
12月から流行が始まった昨シーズンを除けば、1月第2週からの警報到達は平均的な流行よりも早い方です。
どうしてこのような、インフルエンザ流行真っただ中にセンター試験をぶつけるのか、毎年疑問に思います。

それはともかく、今日気になるのは麻疹(はしか)の流行(の恐れ)でしょうか。
麻疹を発症した10代の男性が、京セラドームで開催されたAKB48の握手会などに参加していた件です。
1月5日に発症(咳、鼻水)、6日に握手会、8日に発熱・発疹、10日に麻疹と診断されたようです。

まず疑問は、どこで感染し、なぜ感染したのか、ということです。
なにしろ10代といえば、麻疹/風疹混合(MR)ワクチンの定期接種を、2度受けているはずの年齢だからです。

大阪市や三重県のサイトによると、津市内の「民間団体」施設内の研修会で、この男性は感染したようです。
研修会参加者49人のうち29人が感染しており、しかもほとんどの方に予防接種歴がないとのこと。
不思議なことに、NHKも他の主要メディアも、私が調べた限りではこの民間団体の詳細を報じていません。

信頼性には欠けますがネットでは、この民間団体とは某宗教団体だという話も出ていますが、真偽は不明です。
まさか、ワクチンではなく麻疹に罹って免疫をつけようという考えの「麻疹パーティー」じゃないでしょうね。
(この件では、これ以上の未確認情報は書かないでおきます)

ワクチン先進国の米国でも、局地的に麻疹が流行する話は、いまでもよく聞きます。
流行国からの持ち帰りが原因とされますが、流行の背景には「反ワクチン」を掲げる団体の存在があります。

いくら医学が進歩しても、その最新医学に懐疑的な人はいます。メディアの情報に惑わされている方もいます。
インフルエンザに罹患しても、お子さんへのタミフル処方を絶対拒否する親御さんに、たまに出会います。
説明は尽くすのですが最終的に、治療薬も予防薬も信頼関係の下にしか処方することができません。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<乗務前24時間禁酒 | メイン | 定時に終われない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |