FC2ブログ
ついさっきの出来事
- 2019/02/23(Sat) -
いつも使っている電子カルテ用のパソコン7台のうち4台は、毎朝自動的に起動するように設定しています。

そのうち1台のMacでは、いつも画像診断ソフトが立ち上がっています。そのように設定しているからです。
デスクトップ上にそのソフトが常時開いていると邪魔なので、左上の「赤ボタン」をクリックして閉じます。
この操作をWindowsで行うとソフトが終了してしまいますが、Macの場合はソフトの起動状態が保たれます。

話はココから。じつは最近、不思議なことが起きるようになりました。
赤ボタンで閉じたはずの画像診断ソフトが、ときどき、ていうかほぼ毎日、また開いているのです。
「あれ?、さっき閉じたばっかりなのに・・・」と心の中でぼやきつつ、また閉じる操作をします。

私の設定ミスか、Macのトラブルか。まさかウイルス?
いや、そうではありませんでした。システムのログを見て、ついに真実がわかったのです。
「さっき閉じたばかり」と思っていた操作は、じつは前日の朝に行った操作でした。
前日のことを、ついさっきの事のように思ってしまっていたわけです。それも、毎日のように。

最近、時間の過ぎゆくスピードを、とても速く感じます。これは例の「ジャネーの法則」によるものです。
昨日のことをついさっきのように感じ、1年前のことを先月のように思うのは、みなこの法則で説明できます。

しかし、過去と現在との時間間隔が正しく把握できなければ、それは一種の失見当識と言えるかもしれません。
曜日を間違えることなど日常茶飯事です。もちろん、健忘力は着実にアップしています。
これらのことで、今後他人様にご迷惑をおかけするかもしれませんので、今のうちにお断りしておきます。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<『妻のトリセツ』 | メイン | 座席は2階中央やや左で>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |