FC2ブログ
新元号は「令和」
- 2019/04/01(Mon) -
新元号が「令和」に決まりました。
最初は違和感がありました。「レイワ」が聞き慣れないし、「令」の字がトガってるし、また「和」だし。
でも、何度も見聞きするうちになじむものですね。ジワッとしっくり来ました。こりゃレイワ(ええわ)。

「昭和」と共通する「和」をまた使うなんて完全に予想外。官邸サイドは、してやったり、でしょうね。
発表した菅官房長官が、晴れがましさの余りニヤけそうになるのを、必死でこらえているように見えました。
そりゃそうでしょう。何十年かに一度の歴史的瞬間の、一番良い場所で顔を出せる(=残せる)わけですから。

出典は万葉集ですか。
「万葉仮名」って、漢字の音だけを使った「当て字」のはずだけど、その漢字を出典にするって、どうなの?
と最初に思ったのですが、それはまったくの思い違い。私の勉強不足でした。
たしかに万葉集の「歌」の多くは万葉仮名ですが、「序」(序文)は漢文なんですね。知りませんでした。

「初春令月、気淑風和」(初春の佳い月で、気は良く風は穏やかである)って、なんか、いい感じです。
改元そのものを、この春の季節に持ってきたのも正解でしょう。

その格調高い序文に次ぐ「梅花の歌三十二首」の15番目に、大宰府の医者が詠んだ歌を見つけました。

「烏梅能波奈 佐企弖知理奈婆 佐久良婆那 都伎弖佐久倍久 奈利尓弖阿良受也」
(ウメノハナ サキテチリナバ サクラバナ ツギテサクベク ナリニテアラズヤ)
(梅の花が 咲いて散ったら 桜の花が 続いて咲きそうに なっているではないか)

じつに庶民的で、ほぼほぼ当たり前のことしか言ってないシンプルな歌には、ホッとします。

出典を和書に求めたとしても、元号の完成形は今後も、結局は漢字2文字の漢文調に縛られるのでしょうか。
これがいつか、和語(やまとことば)を元号にする時が来たら面白いですけどね。「なごみ元年」みたいに。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<乗客トラブル2題 | メイン | 診療時間変更(第2報)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |