FC2ブログ
社会保険の調査
- 2019/04/05(Fri) -
「健康保険及び厚生年金保険被保険者の資格・報酬等の調査実施について」という通知が届きました。
3月中旬ごろ受け取ったこの通知の、4月4日(木)14時に来てください、という無理目な要求に驚きました。
すぐに電話して、翌日の5日(金)が休診日なので、その日に変更してもらいました。つまり今日です。

熊本東年金事務所に着くと、担当者が現れました。優しそうな、ごく普通の女性事務員、って感じの方。
しかし、強い権限を持つお役人の、礼儀正しい温和な態度に油断してはならぬことは、後になってわかります。

私が持参した以下の書類を、担当者がひとつずつチェックしていく流れでした。

(1)事業所の概況・未加入者の就労状況表:未加入者全員の労働時間をチェックして「OKですね」と終了。
(2)法人番号指定通知書のコピー:指定番号を別の資料と照合。「はい」で終わり。
(3)就業規則:数十ページありますが、「ふんふん」と全ページをめくり終わって終了。
(4)労働者名簿:年金事務所の資料と一人ずつ照合。見てるのは名前と生年月日ぐらい?のハイスピード。
(5)給与の源泉徴収税領収証書:カード納付なので領収書の代わりとなる資料を提出。「はい」で即終了。
(6)社会保険関係綴:11年分を全部持参したので、少し驚かれました。2年分でいいですよ、と笑って終了。

さて、あっという間に終了するんじゃないの、楽勝じゃん、と思ってたら、最後の資料で問題が発覚しました。

(7)賃金台帳
担当の方は、過去2年分の月々の支給額を細かくチェックし、電卓を叩き、別の資料と照合したりしてます。
そして「被保険者報酬月額変更届の提出が必要ですね」と。つまり、追加の保険料を払えというわけです。

一部の職員で昇給後にたまたま残業も多かったためか、従前の「標準報酬月額」と2等級の差が出たようです。
こういうところは、労務を社労士に委託していないと、どうしても漏れやすい部分かもしれません。

年金事務所からの帰り道に、建設中の熊本市民病院を見ました。なんか作りがデカイ。立派な病院ですね。
しかし、実力のある中堅・若手医師が十分に揃うのか、それがいちばん心配。建物よりも中身ですから。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<アマゾンでAmazon | メイン | 元号は誰が決めるべきか>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |