FC2ブログ
Facebookの仮想通貨
- 2019/06/20(Thu) -
Facebookが、独自の仮想通貨(暗号資産)「Libra」を発表しました。来年にはサービスを始めるとのこと。
MasterCardやVISAなどの企業がその発行組織に名を連ねているので、準備はかなり進んでいるようです。

27億人というFacebook利用者を背景に、地球規模の低コスト決済インフラを作ろうというもくろみです。
それって多分、Amazonがいちばんやりたがってることだと思いますが、Facebookが先んじちゃいました。

Appleも先日Apple Cardを発表しましたが、これも決済インフラへの切り込みを狙ったモノです。
考えてみるとMasterCardって、シレっとApple CardとLibraの両方に加担しようという魂胆なんですね。

「Libra」はたしかに未来的ですが、Facebookがやるっていうのが、どうしてもうさん臭い。

「利用者の同意なしに、決済情報をネット広告ビジネスに役立てることはしない」
Facebookはそう言ってるようですが、とりわけ個人情報管理について、この企業はまったく信用できません。

仮想通貨を規制する法整備が追いついてない観点からも、米下院はさっそくLibraの開発停止を求めました。

Facebookってどうやって儲けるのだろうと、かつては思ってましたが、いまや世界有数のボロ儲け企業です。
利用者がほとんど意図せず提供してくれる個人情報が、広告ビジネスの重要な材料になっているわけです。

そんなFacebookが、決済情報をビジネスに生かさないはずがないでしょう。
利用者の同意なしには利用しないって言ってるんですから、つまり、同意を得て利用するってことですよね。
その同意の得方が、たぶん巧妙なのです。だいたい予想は付きます。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<テレビはいつ買い換える? | メイン | 夜な夜なビール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |