FC2ブログ
ハチとハチ合わせ
- 2019/07/24(Wed) -
アシナガバチを、やたらに見かけますね。そういう時期なんでしょうか。
クリニックで水をまこうとホースリールを動かしたら、ハチが10匹以上飛び出してきて慌てました。
しばらく避難して様子を見ていると、ハチたちはみなリール内の巣に戻ったのか、周辺は穏やかになりました。

このタイミングを逃さずハチ退治です。専用のスプレーを持ってきて、リールにしこたま噴射しました。
ハチが2匹飛び出して逃げましたが、残りは退治できました。リールの裏に、大きなハチの巣がありました。

さて、問題は逃げた2匹です。少し離れた所をウロウロ飛んでいます。私の方を恨めしそうに見ています。
案の定、その翌日から、執拗な反撃が始まりました。クリニックの建物の内部にまで入ってくるのです。

自動ドアのセンサーの直下を飛ぶと、反応してドアが開くことを彼らは知っているようです(ホントか?)。
1匹入って来たのを駆除したかと思ったら、また1匹、また1匹と、次々にドアを開けて入って来ます。

奴らが応援を呼んだのでしょう。私が取り逃がしたのは2匹なのに、反撃に来るハチの数の多いこと。
なぜかいつも1匹ずつなので、スプレーでなんとか駆除できますが、いちどに何匹も来たらどうなることやら。

逃げるハチを追いかけてスプレーを噴射するのは、まだ簡単。問題は、こちらに向かってくるヤツです。
頭上まで来たハチに連続噴射していると、まず私の目が痛くなり、次にノドがやられて咳き込みます。

しかし、ハチから目を離したり噴射を中断しようものなら、その隙を突いてハチが攻撃してくることは必定。
ハチが床に落下するまでスプレー噴射を続けなければなりません。手負いを逃がしてはならないのです。
そのようなことを、最近毎日やってます。

関連記事
この記事のURL | 生物 | CM(0) | ▲ top
<<便利な定型返信機能 | メイン | リボ払いに手を出す>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |