FC2ブログ
量子力学
- 2012/07/18(Wed) -
ヒッグス粒子とかの話題が出ると、私の中の理系の血が騒ぎ出します。
すると必ず手を出すのが、相対論や量子力学の本です。
そしてそのたびに、それが私にとって、やっぱり理解不能な学問であったことを思い出します。

たとえば量子力学は、「不確定性原理」とか「光量子仮説」の理解から始めなければなりません。
しかし私がわかっているのは「原子や素粒子の挙動は確率分布によって理解する」ということぐらいです。

「シュレーディンガーの猫」という話があります。
量子力学を理解するための、有名なたとえ話です。
箱の中にラジウムと猫が入れられていて、放射線が出たら猫が死ぬような仕組みにしてあるという妙な設定。
ラジウムの状態は、放射線を出す状態と出さない状態の両方を、重ね合わせた状態であると解釈します。
ならば猫の状態は、死んでいる状態と生きている状態の両方を、重ね合わせた状態である、と。
半死半生?

そんなことを考えていたとき、突然思いついた言葉が、「漁師力学」 
このひらめきには、思わず膝を打ちました。
ところがググってみたら、すでにたくさんあります。みな考えることは同じですね。
あるサイトで目にした記述。
「漁師力学において、魚群がどこにいるかは、網を入れてみないとわからない」(魚群不確定性原理)

こういうパロディーを、まじめに考えるのって、楽しいですね。
で、もう一つ思いついたのが「早退論」
これもなかなか良いのでは? もちろん相対論のパロディーですよ。
こんどはググっても出てきません。もしや私がオリジナル?
う〜ん、確立してみたいですね、早退論。もちろん特殊と一般で。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<ネットと消費税 | メイン | 安部公房>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |