FC2ブログ
詐欺電話の日本語
- 2019/08/21(Wed) -
マンションの勧誘よりも最近増えているのが、電力か電話かLED照明関係のセールス電話ですね。
電力系は、おおむね詐欺だと思ってるのですぐ切りますが、電話系も、ちょっと話を聞いた後、結局切ります。
今日もこんな電話がありました。

「電話回線の自由化の方(ほう)に伴って、巡回の方をしておりますが、お時間の方よろしかったですか」
「お時間の方よろしくなかったです」ガチャン

もしかしたら、優良業者によるオトクな提案なのかもしれませんが、それ以前にもう、電話の言葉遣いがダメ。
こういう電話を受けると私は短絡的に、詐欺電話だと決めつけたくなります。それとも先入観でしょうか。
少なくとも、社内教育が徹底した企業とは思えません。それとも偏見でしょうか。

まさか、表面的な言葉尻ばかりを気にして本質を見落とし、重要な提案をみすみす無下にしてしまったのか。

でも、いまどきの勧誘電話はすべて、詐欺かもしれないという気持ちで臨むべきでしょう。そんな時代です。
九電やNTTのどこそこの部署の者だというなら、こちらからその部署にかけ直すぐらいの慎重さが必要です。

古い考え方かもしれませんが、真面目に商売するのであれば、まず営業マンの言葉遣いや礼儀作法が大事です。
幸か不幸か、怪しげな会社の営業トークはおしなべて、日本語が不正確で不愉快です。

そういえば、スパムメールでも同じですね。どれを読んでも日本語の文章が微妙に変(または、すごく変)。
前にも書いたように、詐欺業界では日本語のチェックをしてないのでしょうか。

私が研修医の頃には、例えば学会発表の原稿を、指導医から厳しくチェックされボロクソに言われたものです。
医学的内容はもちろんですが、日本語についても徹底的に修正させられた記憶があります。

私が言うのもあれですが、ブログが出版物に勝てないのは、編集者の厳しいチェックがないからでしょうね。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<自動運転の車間距離 | メイン | 時差ボケ調整アプリ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |