FC2ブログ
リチウム化合物
- 2019/10/10(Thu) -
ノーベル化学賞受賞のニュースで、今日も大いに盛り上がっています。
医学・生理学賞の報道が淡々としていると思ってたら、やはり日本人が受賞するとすごいことになりますね。

研究の経緯や詳細、リチウムイオン電池の将来性、吉野氏の人柄等、いろんな切り口から報じられています。
その中でも、今夜の「報道ステーション」で富川MCが最後にチラッと口にした言葉が、私は気になりました。
それは「リチウム」という言葉のアクセントについてです。

「頭高型(例:仙台)」「中高型(福岡)」「平板型(熊本)」のどれなのか。
私は「カリウム」と同様に、中高型だと思っています。
「NHK日本語アクセント新辞典」にも「新明解国語辞典」にもそうあるので、間違いないでしょう。
ただ、リチウムという言葉が広く使われるようになれば、他の名詞と同様に平板化に向かうのかもしれません。

リチウムイオン電池についての報道を聞いていて、「リチウム=リッチ生む」なんて発想をしてしまいました。
こういう品の無いことを思いつくのが、私の悪い癖なのです。せめて「利智生む」を思いつくべきでした。

リチウム化合物は、昔から双極性障害の治療に使われてきました。
それ以外では、原子番号3番という好位置にありながら、リチウムは知名度の低い元素でした。
しかし近年、リチウム電池やリチウムイオン電池が開発されたおかげで、いまや花形元素です。
将来もっと重要な元素になるような気がします。原子が小さいのは、応用範囲が広いってことですよね。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<巨大台風への準備 | メイン | リチウムイオン電池>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |