FC2ブログ
役者の罪と出演作品
- 2019/11/04(Mon) -
「大河ドラマ『いだてん』は 10月1日にすべての収録を終了しています
 徳井義実さん演じる 日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては
 編集などで できるだけ配慮をして放送いたします」

昨日のNHK大河ドラマの放送冒頭に、このような白抜きのテロップがしばらく映されました。
このテロップの文章って、どうなの。まったく言葉足らずで意味不明じゃないですか。

「すべての収録を終了しています」と書いてますけど、だから何?
「できるだけ配慮をして放送いたします」って、何をどう配慮するの?

所得隠し等が指摘されて活動自粛中の徳井義実氏の出演部分は、どうしてもカットできなかったようです。
再編集はされたとのことですが、実際見てみると、徳井氏は重要な役で思いのほか長時間出演していました。
でも私には、まったく違和感がありませんでした。なかなか良い演技じゃないですか。

「罪を憎んで人を憎まず」なんて言葉がありますが、「たとえ人を憎んでも作品は憎まず」でしょう。

劇中では役になりきるのが役者。ドラマで大松監督を演じている徳井氏に、徳井氏本人の人格はありません。
彼は脚本と監督の指示通りに演じただけです。脱税したことと演技内容は、何も関係ありません。

犯罪の悪質度にもよりますが、法に基づいて罰する対象は罪を犯した人物であって、作品ではないはずです。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<経産省なんとかしろ | メイン | イートイン脱税対策>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |