FC2ブログ
大腸ポリープ消失
- 2019/11/16(Sat) -
完璧な準備によって極めてスムーズな腸管洗浄ができたおかげで、昨日の人間ドックは超快速・腸快適でした。
その前夜には寒気がして、健診の直前にインフル発症かと心配しましたが、単に寝室が寒かっただけでした。

待合室で他人の問診をそれとはなしに聞いていたら、胃腸の検査は生まれて初めてという初老の方がいました。
そのほかにも、胃カメラは3年ぶりだが大腸検査は今回が初めてだと言う問診も、丸聞こえてきます。
ああいう混み合った場所で、既往歴やら検査歴やらを根掘り葉掘り尋ねるのも、いまどきどうかと思いますね。

そういえば、昨年の検査で指摘されていた大腸ポリープが、昨日は1個も見つかりませんでした。
どうやら「消えた」ようです。私はこれを、ブロッコリーの抗腫瘍効果だと見ています(個人の意見です)。

私が毎晩ブロッコリーを1株食べるようになって、いったい何年経つのか。
5年ぐらいかと思ってましたが、調べてみたら9年近いようです。われながら驚き、呆れます。

それ以前の私にとっては、ブロッコリーと言えば何かの「付け合わせ」でしかなく、しかも残していました。
あるいは、映画『007シリーズ』のプロデューサーが、アルバート・ブロッコリだというぐらいです。

今ではほぼ毎晩、ブロッコリーを1株食べていますが、正確に言えば、一部は愛犬・花ちゃんが食べています。
花ちゃんはブロッコリーが大好きで、けなげにも私の横にお座りしてヨダレを流して待っているのです。
食べ過ぎない程度に与えていますが、毎晩食べてもいまのところ体調に悪影響はなさそうです。
もちろん私の体調も、すこぶる良好です。抗酸化・抗腫瘍効果にも、けっこう期待しています。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<冬の当番医 | メイン | インフル流行かなり早い>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |