FC2ブログ
体感的には警報レベル
- 2019/11/23(Sat) -
インフルエンザは、すでに流行期に入っていますが、今日の診療からは「警報レベル」も間近だと感じました。
いまのところ、小学校の高学年から中学生ぐらいの患者がいちばん多く、乳幼児には比較的少ない印象です。
保育園や幼稚園よりも、小中学校での流行がいま爆発しているのでしょう。

抗インフルエンザ薬では、昨年一時もてはやされた「ゾフルーザ」は、今期はまだ一度も処方していません。
当院での処方薬は事実上、イナビルかタミフルの2択です。

ただし本音を言えば、軽症のインフルエンザの場合には、抗インフルエンザ薬の処方は不要と思っています。
しかし日本人には薬をほしがる人が多く、処方をしなければ苦情が出そうな雰囲気なので、処方しています。
嫌われても悪評を書き込まれても良いから処方はしない、なんて強気に出る勇気はありません。
せいぜい、うちではゾフルーザは出しません、ぐらいの態度をなんとか維持している程度です。

ところで、流行の指標としてよく使われるのが、「定点医療機関あたりの患者報告数」ですね。
これが1週間に10を超えると「注意報レベル」、30を超えると「警報レベル」ということになります。

土日祝日診療をしている当院へは、この時期かなりの人数のインフルエンザ患者が集まります。
患者数はたいてい「定点医療機関あたりの患者報告数」よりかなり多く、いつも流行を先取りする格好です。
そのような、インフル患者が集中しがちな当院が、定点医療機関に選定されることはなさそうですね。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<HPVワクチンいま接種 | メイン | 文字だけのブログ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |