FC2ブログ
体操の判定
- 2012/07/31(Tue) -
判定シリーズ、第2弾。
と書きたくなるぐらい、今回のオリンピックは、判定でもめますね。

体操男子団体決勝での、内村のあん馬。
降り技をめぐって、得点がビデオ判定の結果修正され、日本はからくも銀メダルを獲得しました。
それは正しい決定だったのでしょうけど、ぬか喜びしたウクライナの人たちには、申し訳ない気持ちです。

ビデオ判定は、シドニー五輪での柔道篠原の「大誤審」がキッカケで重要視されるようになったとのこと。
たしかに、誤審で「泣き寝入り」する頻度は減らせるでしょう。
しかしそれが、目的とは裏腹に、イヤな雰囲気をもたらしています。

誤審というものは、そのままであっても、くつがえっても、いずれも後味は悪いですね。
ビデオ判定が絶対なら、最初からビデオでしっかり確認した後に判定すれば良いのでは?
そのかわり、決定した判定はくつがえすべきではないと思います。

オリンピックの判定は、世界中の多くの人がそれを生放送で見ている、ものすごく大事な瞬間です。

個人的には、あんなにバランスを崩した内村のフィニッシュは、失敗だと思いました。
降りる際に一瞬倒立したので降り技の得点は認められるべきだ、というのが日本の言い分です。
しかし、当の内村本人が、あの演技には納得していないでしょう。
クレームなんかつけず、潔く去るべきだったと思います。
どっちみち金メダルは逃したのです。

関連記事
この記事のURL | スポーツ | CM(0) | ▲ top
<<セミの声 | メイン | 柔道の判定>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |