FC2ブログ
選定療養費
- 2020/01/07(Tue) -
この時期どうしても、予約なしで朝から来院される方が多いです。
夜中から高熱が出たり嘔吐が続くお子さん、喘息症状がひどい人、動悸や胸痛を訴える成人の方もいます。

すでに9時からの診療枠は、ネットや電話で予約済の方で一杯で、その多くが高熱の方です。
なので予約なしで窓口に来院された方への対応は、おもに次の2つに分かれます。
(1)病状が重い方は、そのまま診療(できるだけお待たせしない)
(2)病状が軽い方は、予約患者の合間に割り込む形で診療(少々お待たせする)

このうち(1)のケースに対応できるのはしかし、せいぜい2,3人まで。5人も6人も来られたら無理です。
直接来院された重病者は早めに診療したいですが、予約済の重病者の診療をどんどん遅らせるのも問題です。
前夜から高熱でぐったりでも、朝の受付時刻を待ってから予約を入れ、時間通りに来る方もいるからです。

重症だと思って来たのに待たされた方は、それほど重症ではなかったのだと思っていただけると助かります。

基幹病院の救急外来のコンビニ受診を少しでも減らせるならと、当院では土日祝日の診療を続けています。
その当院受診者にも、ときどきかなり重症の方がいます。そういう方のトリアージが私の仕事です。
私の手に負えない患者さんは、日赤や地域医療センターなどの先生方に、治療をお願いすることになります。

本来は、重症の方は最初から病院を受診していただきたいところですが、それはなかなか難しくなりました。
緊急の場合等を除き、医療機関からの紹介状がなければ、5,500円の「選定療養費」が徴収されるからです。

ただ、紹介状(診療情報提供書)を書くのにも時間がかかるし、だいいち患者さんに余計な手間をかけます。
当院の初診料と診療情報提供料を併せると、選定療養費を超える医療費もかかってしまいます。
大病院の負担軽減の目的はわかりますが、もう少しスマートな解決法はなかったんですかね。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<免許証不携帯 | メイン | 飲酒時間制限>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |