FC2ブログ
生物収集
- 2012/08/02(Thu) -
クリニック周辺で、ダンゴムシをよく見かけます。
触ると丸くなって、じっと動かないので、つかまえるのはとても簡単です。

こどもの頃、ダンゴムシを見つけては、入れ物に「収集」していたことがあります。何百匹も。
でもやがて興味を失い、収集したダンゴムシのことは忘れてしまいました。
だからその顛末は、ここには書かないことにします。


ウシガエルの巨大なオタマジャクシも、たくさん集めたことがあります。
近所の用水路で捕まえてきては、自宅の勝手口の外に置いた大きな水槽に放り込んでいました。何十匹も。
やがて水槽はコケが付いて中が見えなくなり、私の興味もよそへ移っていました。

あるとき母が、大きなカエルがいる、と言うものだから勝手口に出てみてビックリ。
水槽から跳びだしたと思われるウシガエルが、そこに居たのです。
よく見ると、ほかにも数匹のウシガエルが、そこら辺を闊歩していました。


カマキリの卵は、道ばたで見つけたらすぐ自宅に持ち帰るもののひとつでした。
生まれて出てくるのを観察するためです。だから夜も枕元に置いて眺めていました。

ある朝、モゾモゾするので布団をはぐったら、無数のカマキリ(の赤ちゃん)が、そこに居ました。
何千匹ものカマキリたちが、生を受けた後、なぜか一斉に私のパジャマを目指したようです。


セミの話とトノサマバッタの話もありますが、今日は割愛しました。

関連記事
この記事のURL | 生物 | CM(0) | ▲ top
<<ミストシャワー | メイン | セミの声>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |