FC2ブログ
原発運転差し止め再び
- 2020/01/20(Mon) -
伊方原子力発電所3号機は、運転差し止めの仮処分決定昨年取り消されましたが、再び運転差し止めです。

その理由は前回と同様、活断層が近いことと、阿蘇山が近いこと。
大噴火するかもしれない阿蘇山の潜在能力が「再評価」されたことには、地元民としても複雑な心境です。

前にも書いたように、火砕流に襲われた原発は、稼働中であろうとなかろうと、ひどいことになります。

原子炉は充分に頑丈だとしても、核燃料プールが脆弱であることは日本人ならみな知っています。
それに、原子炉周辺の設備が全て焼けてしまえば、全電源喪失は避けられません。
つまり、稼働中かどうかは関係なく、火砕流に襲われた原発はメルトダウンするのです。

それ以前に、伊方原発まで火砕流が到達するような破局噴火なら、九州はたぶん、全滅です。
住民1,200万人を含め、九州のすべての生物が死滅することでしょう。
九州にそのような壊滅的大惨事が起きた状況で、四国の原発を心配しようというのが、今回の決定です。

死滅した九州はそれっきりですが、メルトダウンした四国の原発の影響は、その後ずっと続きますからね。
今回の決定がそこまで考えた上でのものなら、まあ科学的で冷静な判断だとは思います。
ていうか、その前に、九州の原発はどうなのかって話です。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<熊本空港売店50倍 | メイン | 麒麟が来た>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |