FC2ブログ
武漢からの観光客が置いて帰った時限爆弾が、各地で爆発を始めた?
- 2020/02/16(Sun) -
クルーズ船からまた70人感染者が出たというニュースにも、もはや驚かなくなってしまいました。
全員が感染するまで船内軟禁を続けるつもりかよ、なんてのが冗談ではなくなりそうな勢いです。

400人近い米国人乗客の内の大半が、今夜から米政府のチャーター機で帰国することになりました。
香港政府も、330人を帰国させるためのチャーター機を派遣する方針とのこと。他の国々も同様の動きです。

各国政府が国内世論におされる形なのか、「汚染国からの自国民救出」を始めたということでしょう。

船内から新型コロナウイルス感染者が出たのなら、すぐ横浜で全員下船させて個別隔離すべきでした。
それなのに、隔離もせず船内で自由に飲食や観劇などが行われていたあの時期が、どうしても悔やまれます。

乗客ら全員の下船・隔離等を実現するためには、移動手段や宿泊施設など、膨大で困難な作業を伴います。
なので外国人が帰国してくれることは、日本としては願ったり叶ったりですが、なんか格好良くはないですね。

本来であれば、日本政府主導で計画的に、サクサクと船内全員の下船なり隔離なりを進めて欲しかった。

そのクルーズ船以上の大問題になりつつあるのが、別ルートからの国内感染の拡大です。
もちろん、別ルートとはいえ、新型コロナウイルス感染はすべて、元をたどれば「武漢」です。

最初に報じられた日本人の国内感染者は、武漢からのツアー客を乗せた、奈良のバスの運転手でした。
しかし、1月に武漢から日本に来た観光客は、一説には1万人以上と言われます。バスなら数百台分です。

その中に感染者がいて日本各地に感染を広げ、いまや全国中に無数の感染者が分布している可能性があります。
発症して重症化した患者が念のためPCR検査を受けたら感染が発覚した、ということなのかもしれません。
感染ルート不明な感染者が、あちこちで次々に現れ始めるフェーズが、いまちょうど始まったのでしょう。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<「帰国者・接触者相談センター」って名称が、すでにダメっぽい | メイン | 「新しいフェーズに入った」と言うけれど、大流行はやはり避けたい>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |