FC2ブログ
報道番組では、主観的な意見の言いっぱなしは無責任です
- 2020/03/01(Sun) -
新型コロナウイルス関連では、メディアやネット上を無数の情報が飛び交っており、少々混乱しています。
テレビを見ていると、客観的で有益な発言をする先生もいれば、有害無益で偏ったことを話す出演者もいます。

そんな中で、国民が誤った情報に翻弄されないようにと、情報整理を試みるブログ等も目立ちます。
ある医師は「新型コロナで『情報汚染』されたメディアが報じない『5つの真実』」と題してまとめています。

1.「医療崩壊」は起きていない(いま現在、医療崩壊は起きてない。今後も冷静に対処すれば良い)
2. 「全員にPCR検査すべき」は適切ではない(陽性だと入院が必要になるので医療崩壊が起こりかねない)
3. 患者の「ドクターショッピング」が問題(1つの医療機関で経過を見なければ区別が付きにくい)
4. 「不安だから病院に行く」が感染リスクを高める(むやみに病院に行かない方がよい)
5. 陰性でも仕事に行ってはいけない場合がある(検査で偽陰性の可能性がある)

最近のコロナ報道の偏りに警鐘を鳴らし、バランスをとろうとする文章であり、その意図はよくわかります。
しかし、私に言わせればこの文章もまた誤解を招きかねないと思いました。ひとつひとつ難癖を付けていくと、

1.「医療崩壊」はまだ起きていないが、厚労省・保健所と患者との板挟みで、現場は徐々に混乱しつつある
2. 「全員にPCR検査すべき」は適切ではないが、検査には意義があり、必要なら躊躇せず検査すべき
3. 患者の「ドクターショッピング」が問題とはいえ、症状がだんだん悪化する過程では、誰でも医者を変える
4. 「不安だから病院に行く」が感染リスクを高めることは事実だが、患者判断で自宅待機を続けるリスクもある
5. 陰性でも仕事に行ってはいけない場合がある、というのは簡単だが、出勤の可否の判断はきわめて困難である

などと後付けで批判することは簡単ですが、報道の偏りや過ちに警鐘を鳴らすことは、専門家の務めです。
紹介した文章のように、バランスを取ろうとする情報・広報・啓蒙が必要であることは、間違いありません。

テレビのコメンテーターの無責任で主観的な発言は、もうたくさん。専門家が意見を戦わせる番組が見たい。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<Amazon配送のデリバリープロバイダの質の劣化が止まりません | メイン | 首相の「全国一斉休校要請」以来、世の中がかなり動きつつあります>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |