FC2ブログ
感染したら行動範囲を晒されます。日頃の行いに気をつけましょう
- 2020/03/08(Sun) -
新型コロナウイルス感染では、ライブハウスなどが「クラスター」となって、感染者が広がっています。

クラスターの構成者を探し、さらに各人の濃厚接触者をだどると、芋づる式に感染者が見つかっていきます。
それに伴って、行動範囲や交友関係などの個人情報が次々に晒されてしまうのは、まことに不運なことです。

私もいつ感染して報じられても良いように、しばらくは品行方正にしておく必要があると思っています。

いやそんなことよりも、当院のような診療所の職員から感染者が出た場合が心配です。
一人が感染したら、他の職員もみな、濃厚接触者と考えられてしまいます。
患者に対してはそれなりの感染防御をしていても、職員同士はおおむね「濃厚接触」に近い関係だからです。
唯一私は職員とマスクを外して会話や食事をしたりしないので、当院では私だけが孤立した存在といえます。
万一の時は、私ひとりで診療を行う覚悟が必要ですが、大丈夫。熊本地震の時にいちど、経験があります。

もっと重大な問題は、新型コロナの感染者が、発症初期の軽い風邪症状のときに当院を受診する可能性です。
「風邪ですね。経過をみましょう。風邪薬を出しときますね」てな具合になるのが普通ですね、当初は。
ところがその後、病状が悪化し、何日後かにどこかの病院でPCR検査して、感染が判明したりします。
メディアはきっと、「最初のクリニックで相談センターに連絡できなかったのか」などと書き立てるのです。
いや、メディアだけじゃない、某市長もそんなこと言って、医療従事者を怒らせましたからね。

わずかでも可能性があるケースをいちいち相談センターに連絡したりすれば、センターはパンクしますよ。
センターに相談すべきかどうか、それを判断してトリアージするのが、現場の医師の裁量であり手腕なのです。
ただ、そのような毎日の診療なので、いつか一般開業医も感染するんだろうなと、覚悟はしています。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<大量在庫マスクをどのように放出したら効果的か、良く考えましょう | メイン | MacBook Pro の甘酢漬け サバ味噌風味>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |