FC2ブログ
発熱者は、いちどに一人ずつしか院内に入れない方式で診療中
- 2020/03/18(Wed) -
新型コロナウイルスに限らず、感染症の診療においては、院内感染を防ぐことが重要です。
診察室の消毒・換気・清掃や診察時の防護・手指消毒に加え、患者の隔離やその動線にはとても気を遣います。

待合室は使わず、駐車場の自家用車の中で待っていただき、時間が来たら裏口から入ってもらいます。
その際、廊下等で他の患者とすれ違わないように十分気をつけて、隔離室等へご案内します。

例年、インフルエンザの季節だと患者数が多いため、動線の確保にはアクロバティックな工夫を要します。
インフル疑い患者とインフル確定患者を、ニアミスさせるわけにはいきません。それは水痘などでも同じ。

新型コロナ診療では一段と厳しい隔離を行う必要があると考え、いまも患者動線にはとくに配慮しています。

発熱者等は、一度に1家族だけ院内に入れて診察し、終わったら駐車場の自家用車に戻っていただきます。
それから隔離室の窓を開けて換気、各部の消毒等を行い、一定時間経過後に、次の患者の院内誘導を行います。

診察室や廊下はおろか、トイレでも絶対にニアミスさせないようにするための、当院の最大限の工夫です。

幸か不幸か今は風邪や発熱の来院者が激減しているので、このように一人ずつゆっくり診療できています。
しかし今後、新型コロナ疑い患者が増えて来たら、こんなに時間のかかる診療は難しくなるかもしれません。
流行蔓延期の診療スタイルがどうなるのか想像もできませんが、その都度知恵を絞るしかないのでしょうね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<不本意ながら、経過観察しかできないこともあるのです | メイン | 朝晩の体温を測ることが、新型コロナ早期発見の第一歩です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |