FC2ブログ
近いうち解散
- 2012/08/09(Thu) -
民自公があらためて、消費増税等の法案の早期成立に合意しました。
その見返りに、野田首相が谷垣総裁に口約束したのが、「近いうちに信を問う」でした。

「信を問う」が衆院解散を意味することは、疑いようもありません。
問題は「近いうち」の解釈です。いま日本国中に議論を巻き起こしています(大げさ)。

衆院解散時期を巡っての野田首相の表現は、だんだんと変わりました。
「しかるべき時期」から「近い将来」を経て「近いうち」に至り、ようやく谷垣氏が納得したワケです。
ということは、「近いうち」の方が「近い将来」よりも「より近い」表現と考えてよいでしょう。

「近いうち」ともなれば、きわめて不利なタイミングでの解散となります。
野田政権が終焉を迎えることが確定的であるばかりか、民主党政権の存続すらも危ぶまれています。

しかしここで野田首相が腹をくくれば、もはや失うものの無い、怖いモノなしの無敵状態にもなり得ます。
このさい野田首相には、スカッと「最後っ屁」をかましてもらいたいものです。
もう官僚の言いなりになる必要はありません。むしろ彼らに向けて、思いっきり臭い屁をかましましょう。
そうすれば政治不信が募る国民の、ガス抜きにもなるというものです。(屁シリーズ終わり)

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<チャレンジ | メイン | 電力供給と停電>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |