FC2ブログ
映画『感染列島』の大げさな描写にも、あまり驚けないという現実
- 2020/03/31(Tue) -
「都内の新型コロナウイルス感染者が100人に近づくならば、緊急事態宣言を出して対処すべき」
日本医師会は昨日、このような見解を発表していました。で、蓋を開けてみたら今日は78人。微妙。

昨日発表されたのは13人だけ。前日が日曜だったため、検査・集計が不完全だったことが指摘されていました。
なので今日は、実質2日分の集計となって100人を楽々越えるだろうと思っていたので、少々意外でした。
しかしたとえ100人を超えても、「だって2日分だからね」という具合に過小評価される可能性がありました。

いずれにせよ、政府はまだ動かないようです。でも、「だいじょうぶだぁ」と言って良い状況なのでしょうか。
いやそれよりも、日曜日には集計が滞るということに驚きます。こんな大事な時期に、土日もないでしょうに。

今日は映画『感染列島』(2009年)を観ました。「新型ウイルス感染症」で日本中がパニックになる話です。
2009年1月公開という、新型インフルエンザのパンデミックの前に製作されたところは、なかなかの先見の明。
(以下、ネタバレあります)

『アウトブレイク』や『コンテイジョン』とは異なり、舞台はほとんど日本。
映画ですから、描写が激しく誇張気味です。病魔による惨状は、まるで『シンゴジラ』や『日本沈没』のノリ。

ところが、オーバーに描かれているはずの内容に、あまり驚かなかったどころか、身につまされました。

人工呼吸器が足りず患者が助けられないシーンは、いまニューヨークなどで起きている現実そのものです。
多くの遺体がずらっと並べられている様子は、スペインのニュース映像で見たばかり。
最終的な感染者数は数千万人でしたが、ちっとも驚きません。新型コロナで予測されている数と同じですから。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<オーバーシュートより前に医療現場が機能不全に陥る、という予測 | メイン | 緊急事態宣言を出すなら、いまがラストチャンスかもしれません>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |