FC2ブログ
手指消毒用アルコールの代用として、ウォッカにお墨付き
- 2020/04/13(Mon) -
新型コロナ対策のために、特例措置が行われたりしますが、酒を消毒液代わりに使えようになるとは驚きます。

マスク不足と同様に、手指消毒やその他の消毒用のアルコールが足りません。医療現場では深刻な問題です。
そこで酒を消毒薬代わりに使うヤカラが出てきて、問題になっていました。本来、酒では代用できないのです。
たとえ消毒に適したアルコール濃度(80%前後)であっても、糖などの不純物の存在が問題になるといいます。

ところがここに来て、酒を消毒液として用いることを特例として認めると、厚労省が言い出しました。
もちろん時代劇みたいに、口に含んだ焼酎をプハ〜ッと吹きかける消毒法はダメでしょうけど。

使えるのはアルコール濃度が70%から83%のウォッカなどで、酒造メーカーの増産も始まっているとのこと。

酒で消毒するのは、「主に医療機関での消毒液の不足を解消するための特例措置」だと厚労省はいいます。
でも酒なんて誰でも手に入れられるわけですから、むしろ一般市民に使っていただくのがよくないですか。

少し前から厚労省は、高濃度エタノールを手指消毒用に応用することを、臨時的・特例的に認めていました。
そしてこのたび厚労省が、医療機関に高濃度の「特定アルコール」を無償配布することになりました。
アルコール濃度は95%で「一斗缶」単位の配布とか。なかなか豪気です。これを薄めて手指の消毒に使えと。

手引きによれば、「特定アルコール830ml+精製水適量=全量1000ml」となるように希釈せよとのこと。
精製水の量が「適量」となっているのは、水とアルコールを混和すると体積が減るから。なんか懐かしい。

一斗缶がもらえるなら、当院では今後2カ月程度は、手指消毒液の心配がなくなります。これは助かる。
ただ、市販の手指消毒薬のような添加剤が入りません。手がひどく荒れたりしないだろうかと、少し心配です。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<熊本地震の時よりも、さらに困難な目に遭うことになるとは | メイン | 新型コロナに効くかどうかはともかく、BCGの接種には要注意です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |