FC2ブログ
いまライオンが逃げたと聞いても誰も驚きませんが、それでいいのか?
- 2020/04/30(Thu) -
熊本の市街地で「鹿」が目撃されたというニュース。どこから来たんでしょう鹿。まさか動物園?
そういえば熊本地震の時、動物園からライオンが逃げたという「ガセ」が世間を騒がせました。
もう免疫が付いたので、今ならライオンが目撃されたと聞いても信じませんが、鹿ならばあり得る話です。

ググってみると、トップにヒットしたのは熊本市のサイト「二ホンシカの出没・目撃情報について」でした。
どうやらガセではなさそう。で、そのページに行ってみたんですけどね、これがどうも違和感がある。

タイトルの「二ホンシカ」の「二」がおかしい。本文中の「二」もおかしい。なんだか漢数字に見える。
文中の「二ホンシカ」をコピペして、文書ソフトで大きな明朝体に拡大して確認。やっぱり漢数字じゃん。

どういういきさつで、「ニホンシカ」の「ニ」だけ、カタカナではなく漢数字の「二」で入力したのか。
担当者が「鉛筆、二ホンシカ、ナイアルヨ」みたいな文を入力して、妙な変換を辞書が学習してしまったのか。
よく見るとサイトの文章中には、「二ホンシカ」と「ニホンジカ」が混在しています。どういうことですか。
もう気になって気になって、先に進みません。ていうか、これって中華製の偽サイトじゃないの?

Amazonとかで商品の情報欄を読むと、どうにもヘンテコな日本語によく出くわします。たいてい、笑えます。
何度も言ってきましたけど、その手の業者内には、日本人スタッフとか日本語の校閲者っていないのですか。
もしかすると、熊本市役所でも、ネイティブじゃない方が公式サイトの管理をしてるんでしょうか。

さっき市のサイトを見てみたら、すべて訂正されて「ニホンジカ」に置き換わってました。ちぇ、気づいたな。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<緊急事態宣言は、出したり引っ込めたりが今後も続くのでしょう | メイン | 9月入学への制度改革は妙案ですが、やはり飛びつけない気がします>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |