FC2ブログ
子どもの予防接種は、対象年齢・月齢になったらすぐ受けましょう
- 2020/05/09(Sat) -
自粛ムードの中、子どもの予防接種だけは控えることがないようにと、各種団体等が啓蒙活動をしています。
ワクチンの接種は決して「不要不急」ではなく、「必要至急」なものです。
なので接種対象年齢に達したら、なるべく早めに接種することをお勧めします。
感染症を予防するための手段ですから、ワクチンの接種を遅らせて得られるものは何もありません。

乳児期に接種するワクチンは定期接種だけで13接種分ありますが、重大な感染症予防のためには全部必須です。
これにロタウイルスワクチンを加え、日本脳炎ワクチンも0歳で開始するとすれば、全部で18接種になります。
誕生日が来たら、すぐにMRワクチンなどを接種したのち追加接種が続き、1歳児では全部で8接種あります。

他の医療機関でも同様とは思いますが、子どもの予防接種は一般診療とは別の、専用の時間帯に行っています。
なのでコロナウイルス感染の危険は少ないはずですが、院内感染を防ぐためには十分な工夫が必要です。

無症状で元気な子どもやその保護者でも、新型コロナに感染している可能性は常に考えなければなりません。
被接種者どうしが接近することも、念のため避けなければなりません。本当に面倒なことになったものです。

新型コロナウイルスのワクチンは、いま世界中で開発が進められています。とても待ち遠しいワクチンです。
それと同様に、現在定期接種をしているワクチンにも、悲惨な疫病を駆逐または減らしてきた歴史があります。
目の前のコロナを恐れるあまり、別の重大な感染症の予防をないがしろにするのは、本末転倒です。
いま、やれることをやれる順にやるのであれば、まずは定期接種を規定通りに受けることでしょう。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<世界各国の人々が集まる行事って、しばらくは無理っぽいですね | メイン | 回転するいろいろなモノから異音が聞こえます>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |