FC2ブログ
「接触追跡アプリ」は、みんなでインストールしてこそ意味があります
- 2020/05/21(Thu) -
iPhoneの最新OS「iOS 13.5」では、マスク着用のままでロック解除できるようになりました!
というニュースを目にして、もしや、マスクを透視して顔認証できるのかっ!と思ったら、違いました。
マスクの装着をiPhoneが検知して、すぐパスコード入力を求めるような仕組みになっただけでした。

今回のOS更新で、「新型コロナウイルス感染症の接触追跡アプリに対応するAPI」が導入されました。
「API」というのは、アプリを開発するためのインフラのようなものですね。

これはAppleとGoogleが先月発表した新技術で、多くの国が採用の意向を示していると報じられました。
コロナ追跡アプリに関しては、1カ国に1つのみ、公衆衛生当局が開発・運営することが想定されています。
日本でも、このAPIを使って開発されたアプリの運営が民間から厚労省に移り、近日公開されるとのこと。

Bluetooth機器同士が近付くと互いに通信する機能を利用して、その接触歴をスマホ内に記録するものです。
感染者がそれをアプリに登録すると、その接触者に通知が送られ、PCR検査を促すというわけです。
誰とどこで接触したかは分からないまま、感染者と濃厚接触の可能性があることだけが伝わる仕組みです。

近年とくにプライバシーを重んじているAppleと、その反対の傾向があるGoogleとの共同開発というのがミソ。
プライバシー保護が最優先の設計思想のため、追跡効率が必ずしも高くないという欠点があります。
とくに、自分の行動範囲内の多くの人がインストールしていなければ、あまり役に立たないアプリです。

ならばともかく、すぐにでもアプリを導入できる態勢にしようと、今日はiPhoneのiOSを13.5に更新しました。
設定を見ると「COVID-19接触のログ記録」という項目ができています。あとは厚労省のアプリ待ちですね。

ところで、アプリで濃厚接触の可能性の通知を受け取ったら、最優先でPCR検査を受けられるんでしょうかね。
まさか、いったん医療機関で診察を受けてください、なんてことにはならないですよね。そこんとこヨロシク。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<キャッシュレス・ポイント還元事業は、やっぱり来月終わるんですよね | メイン | 「特別定額給付金」申請しましたが、もちろん郵送です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |