FC2ブログ
遺憾の意
- 2012/08/16(Thu) -
韓国の大統領は、竹島訪問に次いで、天皇に対しても問題のある発言をしました。
これに対して野田首相が述べた言葉が「遺憾である」。

何ですか、この発言。弱い。弱すぎる。もっと激しく怒らないと。
だいたいこの「遺憾」という言葉を使うのが間違っているのです。
「残念」という意味ですが、怒ったときにも、怒られたときにも使う、実に妙な表現です。

「もう許さない」と言わずに「遺憾である」と言って、あからさまに怒らない。
「ごめんなさい」と言わずに「遺憾です」と言って、ちゃんと謝りもしない。

まるで他人事のようです。
和を重んじる日本人が、自己主張を押し殺した結果なのでしょうか。
政治家や役人は、こんな言葉遣いばかりしているものだから、いざ外国を怒ろうとしても、迫力がない。

もう「遺憾」の使用をやめませんか。

「遺憾」禁止。使ってはイカン。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<ながら執筆 | メイン | 血液型と性格>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |