FC2ブログ
マイナンバーカードは、早く作らないと誰かに作られちゃうかも
- 2020/06/04(Thu) -
内閣府のサイトによると、マイナンバー制度には、次の3つの目的があるそうです。
1.公平・公正な社会の実現 「給付金などの不正受給の防止」
2.国民の利便性の向上 「面倒な行政手続きが簡単に」
3.行政の効率化 「手続をムダなく正確に」

残念ながらこのたびの「特別定額給付金」騒動では、国民には不便を強い、行政はムダな作業に追われました。

それに加えて、マイナンバーカードが容易に不正取得できることは、以前から問題になっています。
マイナンバー(個人番号)がわかれば、顔写真のない健康保険証などの身分証でカード申請が可能だからです。
書類上のつじつまが合えば、別人の顔でも、正規のマイナンバーカードが作れるということです。

現状のようにカードの取得率が低いと、誰かに偽造されてしまっても気がつかないでしょうね。

マイナンバーカードは、運転免許証と同程度の信頼度で、身分証(本人確認証)として使えます。
パスポートを作るときにも使えるし、運転免許証を再交付することもできます。
マイナンバーカードが不正取得しやすいばっかりに、他の重要な身分証までもが偽造できてしまうわけです。

じゃあ何がいちばん根本的な身分証になり得るのかと考えると、指紋のような生体情報だけかもしれません。
なので指紋は、生まれたらすぐにマイナンバーに紐つけるように登録する仕組みが理想的でしょうね。
一定の年齢(たとえば成人)になったら、顔認証も登録して紐つけるなどの「補強」をしてもいいでしょう。

技術の進歩により身分証は容易に偽造できるようになり、本人確認の精度とのイタチごっこは続きます。
マイナンバーを銀行口座や税や社会保障に紐つけるのであれば、絶対安全な仕組みが必要です。
プライバシー上の配慮はもちろん必要ですが、なりすましの身分証で悪用される方が私はいやです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<新型コロナ流行のいま、とりあえず接種しておきたいワクチンとは | メイン | 巣立つ子どものご両親はピリピリしてますのでご注意を>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |