FC2ブログ
「MOMO5号機」打ち上げ失敗、ではない
- 2020/06/14(Sun) -
民間単独開発のロケット「MOMO(モモ)」は、今朝打ち上げた5号機も、宇宙には到達できませんでした。
これまで5回の打ち上げのうち、成功した(=高度100キロの宇宙空間に達した)のは、3号機だけです。

1号機の打ち上げに失敗した後、打ち上げ場所のある北海道大樹町に、私はふるさと納税をして応援しました。
その次の2号機の失敗後、こんどは3号機のために、「インターステラテクノロジズ」社に出資しました。
いわゆる「クラウドファンディング」ってやつです。そしたら見事、3号機の打ち上げに成功したわけです。
以後、出資はせずに眺めていたら、4号機も5号機も失敗してしまいました。なので微妙な責任を感じています。

にしても、今回の5号機の機体のペイントって、すごくないですか。スポンサーのロゴが。
機体表面の大部分を占めている巨大な文字が、「お好み焼 北九州伝統の味 なにわ」ですからね。
ニュース映像では、ロケット「なにわ号」みたいに見えますよ。まるで大阪の下町ロケットじゃないですか。
ついでに、「北九州伝統の味」なのに「なにわ」って店名も気になりますけどね。

「今回の打上げでは多くの成果が得られ、今後のロケット開発に向けての大きな前進となりました」
今朝の「打ち上げ結果」について、「インターステラテクノロジズ」社はこのように述べています。
つまり、失敗ではないんですね。確かに打ち上げたのです。そして成果を得たのです。さらに次に進むのです。
「雨垂れ石を穿つ」の気持ちで、関係者のみなさんには諦めずに挑み続けていただきたい。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<「夜の街」の感染制御が最後の課題か | メイン | 理論的には効く薬でも、治験でうまくいくとは限らない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |