FC2ブログ
「夜の街」の感染制御が最後の課題か
- 2020/06/15(Mon) -
東京都の新型コロナは、昨日47人に急増したのを我慢していたら、今日は48人。厳しいとこ突いてきますね。
これが100人、200人なら諦めもつきますが、ジリジリと増やされたのでは、身動きもとれません。

本来なら再び警戒を強めるべき事態ですが、不思議と世間は、まあ待て慌てるなという落ち着いた雰囲気です。

「夜の街」の関係者や院内感染が大半を占めており、「御しやすい」状況と考えられるからかもしれません。
しかもホストクラブでの集団検査の結果が多く含まれており、必ずしも感染急拡大ではないとも解釈できます。

たしかに、怪しい場所は調べれば調べるほど陽性者が出て、見かけの感染確認者数は増えるでしょう。
小池知事も、「確認できているという点で、むしろ確かな数字になってきている」と開き直っています。
ですが逆に言うなら、検査が不十分のために、これまでの感染拡大を許してきた面もあるということです。

結局のところ、検査の網を広げることこそが、やはり感染症対策の王道なのでしょう。
ガンガン検査して、しっかり隔離して、非感染者が経済を回す。それが正解なのかもしれません。

ただし、夜の街で真面目に集団検診を受ける店は例外的で、むしろ闇営業や感染者の隠蔽が懸念されます。
「ウィズ・コロナ」の時代に、対面でなければ成立しない「接客業界」の感染制御はとても難しいですね。
治療薬とワクチンで、早く「アフター・コロナ」の時代にしてもらいたいものです。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<新型コロナには、まだ日本人はほとんど感染していないということ | メイン | 「MOMO5号機」打ち上げ失敗、ではない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |