FC2ブログ
コロナの時代、現金の受け渡しは淘汰されるかも(賄賂等を除く)
- 2020/06/20(Sat) -
コロナの時代、他人との物品の受け渡しは最小限にしたいところですが、現金だけはどうにもなりませんね。

店舗等では可能な限りカード払いにしていますが、店によって、接触の程度=感染の危険度、が違います。
(1)カードを客がリーダーにかざすか、タッチするか、差し込んで引き抜く
(2)カードを店員に渡し、暗証番号を押すかサインをした後、カードを受け取る

このうち(1)は接触が少ないですが、それでも最後に紙のレシートを手渡されたら同じことです。
ならば、「レシートなど要らんわいっ!」と突っぱねるか。でもどうせ、商品を受け取りますけどね。

じゃあ安全なのは通販だけでしょうか。いや、配送された商品や外箱にも、油断してはなりません。
梱包を開けたらいちど手指消毒し、商品を取り出したらまた手指消毒。そこまでやりますか。やりませんけど。
宅配業者のボールペンを借りてサインしなくても良いように、玄関にはペンかシャチハタを置いときましょう。

現実にいま困っているのは、クリニックの会計窓口です。どうしても現金を受け取る必要があるからです。
手数料負担がイヤなので、カードなどのキャッシュレス決済は、当院では導入していません。
じゃあ現金は、手袋で受け取るか? おつりも手袋? 受け取った紙幣は消毒? そこまではね。

マイナンバーカードが保険証になれば、紐付いた預金口座から医療費が引き落とされる仕組みにできるはず。
診療終了と同時に、窓口負担分が患者の口座から医療機関の口座に送金されるシステムなんてどうでしょう。
もちろん、診療内容は支払団体にも即座に伝わるので、毎月のレセプト提出なんて不要です。いいなあ、これ。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<感染者との接触日付が通知される「COCOA」の仕様が心配 | メイン | 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」配信開始>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |