FC2ブログ
予測不能な展開にドキドキし、思った通りの展開にホッとする
- 2020/07/12(Sun) -
韓流ドラマ『愛の不時着』にハマっているという井上荒野さんの雑感風の文章を、今朝の日経で読みました。
この文化欄のエッセイってハズレがないので、仕事前の私の楽しみになっています。
とくに女性作家が書いたものは、適度に軽く淡々とした文体と意外な展開が面白く、私の琴線に触れます。

井上氏は、「無意識に感動する準備をしているところに、感動がちゃんと起爆するのが心地いい」と言います。

無意識でなくても、水戸黄門のような期待を裏切らない展開は、確実にカタルシスを与えてくれますけどね。

そういえば、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』をネット配信していたので、おととい観てみました。
映画館で観た1回目とは異なり、あの予測不能なドラマの展開を、今回は十分予測できる状態での視聴です。

驚いたことに、ストーリーがわかっていながら観ると今度は、思った通りにコトが運ぶ展開が逆に面白い。

随所に張り巡らされた「伏線」は、最初に登場した時点ですぐに、それが伏線だとわかります。
あれって、あとで重要な役割があるんだよね〜と、誰に言うでもなく、ひとりほくそ笑むのです。
そして伏線が回収されていくたびに、ほら来たと、誰に言うでもなく、納得してニヤけるのです。

1回目の鑑賞では驚いた場面も、2回目の鑑賞ではカタルシスが得られる心地よいシーンとなります。
ストーリー展開に目を奪われず、じっくり映画を楽しもうと思えば、2度見することですよね。
じゃあ3度見だとどうなるんだと、そういうことになるでしょうか。考えときます。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<黄門様(の役者)が代わっても、視聴者は動じませんが | メイン | 主水、イラガでイライラする>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |