FC2ブログ
黄門様(の役者)が代わっても、視聴者は動じませんが
- 2020/07/13(Mon) -
『サザエさん』の家に他人が上がっているかのように聞こえたので、思わず画面を見たらマスオさんでした。
超長寿アニメの宿命か、声優さんたちはだんだん代替わりをしています。私はまだ、マスオさんに慣れません。

いつか、サザエさんの中身(声)が代わる事態になったとき、視聴者はその違和感に耐えられるのでしょうか。
水戸黄門(の役者)が何度代わっても、視聴者は順応してきましたが、サザエさんは厳しいかもしれませんね。

最近の映画では精巧なCGが使われていますが、声の合成なんて画像よりも簡単じゃないんですかね。
過去のサザエさんの声を分析して再合成して、あらゆるセリフを喋らせることはできるんじゃないですか?
となると、声優が引退しても、あるいは亡くなっても、キャラクターはずっと「同じ声」でいけますよ。

このようなことが一般的になったら、いつかは、声優という職業が不要になるかもしれませんね。
ていうかもう何年も前に、そのような技術は完成しているはず。サザエさんに導入されてないだけの話です。

俳優の動きを部分的にCGで映像化することだって、実際の映画でもあちこちで使われています。
CGと俳優業との問題が浮上したと、以前NHKの番組で聞いたことがありますが、もうだいぶ昔の話。
技術は鬼のようなスピードで進化しています。たぶんもう、実写とCGの区別なんて不可能なレベルでしょう。

危険なシーンを見ると、これCGなんだろうなと観客は推測するわけですが、今後どうなるかわかりませんね。
社会派法廷ドラマが実はオールCGなんてことだって、何の意味があるか知りませんが、あり得ます。
しかも出演するのは、すべて実在の俳優(のCG)ということも可能。もちろん声も合成音声で。
アカデミー主演男優賞などには、実際に本人が演技した場合に限る、なんていう受賞条件が付きますかね。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<「コロナパーティー」の愚は、他の感染症でも同じこと | メイン | 予測不能な展開にドキドキし、思った通りの展開にホッとする>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |