FC2ブログ
血液型と輸血と献血
- 2012/08/21(Tue) -
先日、血液型について書いたあと思い出した「血液関連エピソード」がいくつかあります。

(1)血液型は変わるのか
あるおばあちゃんに血液型を尋ねたら「前はA型やった。今はわからん」とのお答え。
骨髄移植後などの特殊な場合を除いては、生まれたあとで血液型が変わることはありません。
しかし新生児期の検査ミス(判定間違い)や、本人の記憶違い(親の勘違い)は、しばしばあります。

(2)大手術時の血液準備
私が研修医の頃、心臓手術の当日の朝には、患者さんの家族や知人、同僚などに集まってもらっていました。
輸血用の新鮮血液を採取するためです。当時の血液供給事情と手術水準からは、それが日常的手法でした。
今でも「我が子の輸血は自分の血液で」と供血を希望される親御さんがおられますが、それはできません。
血縁が近いと、かえって重篤なアレルギー反応(移植片対宿主病)が起きやすいからです。

(3)献血するための条件
高血圧で薬(降圧剤)を飲んでいる方が献血できるのは、降圧剤が1種類であることが条件だそうです。
そのため「薬を1つに減らしてほしい」と希望される、献血ファンの方もいらっしゃいます。
2種類の薬を1錠にまとめた合剤に変えるという「秘策」もありますが、あまり正しい行いではないですね。

(4)輸血で何が変わるか
あるカーディーラーのお兄ちゃんと雑談をしてたら、以前、輸血したことがあるとのこと。
「輸血して何か体質が変わりましたか」と尋ねると
「髪の分け目が逆になりました」 メカニズムは不明。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<電力不足解決 | メイン | 手洗い>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |