FC2ブログ
高速道の制限速度引き上げは、快適だけど事故は増えそう
- 2020/07/26(Sun) -
この連休中、公共交通機関を避けて自家用車で行楽に向かう人が多く、高速道路は混み合っていたようですね。
翻って私はトラベルどころか車で遠出することもなく、家と職場の往復ばかり。ガソリンも減りません。
でもあまり乗らなくても車は汚れます。時々灰が降り、雨が降ったりやんだりというのが、いちばん汚れます。

高速道のうち一定条件を満たした区間では、制限速度が120キロに引き上げられることになりました。
これは運転が快適でしょう。気兼ねなく120キロでスイスイですからね。覆面パトカーも気になりません。

120キロ制限になる区間って、当然、従来の高速道路よりも安全にスピードを出しやすく作ってあるはず。
なので結果的には、実際の車は流れは130キロ程度になるでしょうね。それがドライバーの心情ってもの。

でも問題は、120キロ区間から100キロ区間に入ったときです。走行速度が速いままになりゃしませんかね。
九州道から制限時速80キロの中国道に入ったときがそれで、カーブのきつい山岳ルートを、みな飛ばしてます。
7年前に起きた桜塚やっくんの死亡事故も、私は中国道の設計上の問題が遠因だと思っています。

中国道が完成したとき、「居眠り運転防止のために、カーブを多く設計した」と、学校で教わりました。
ところが大人になって、「技術的な理由で、地形に沿った形のルートにした」と知りました。
つまり当時は真っ直ぐには作れなかったのです。居眠り防止なんて、子ども騙しの屁理屈だったんですね。

おかげで中国道は、100キロ以上で走るとタイトなハンドリングが必要な、スリリングなコースになりました。
似たようなことはきっと、120キロ制限区間に隣接した100キロ区域でも起きるでしょう。

関連記事
この記事のURL | 乗り物 | CM(0) | ▲ top
<<第2波が到来し、マスクや消毒薬の供給がまた厳しくなってきました | メイン | 「安楽死」については、議論を避けるわけにはいきません>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |