FC2ブログ
電力不足解決
- 2012/08/22(Wed) -
九州電力のホームページの「でんき予報」は、毎日チェックしています。
それを参照して、当院の「計画停電情報」のページを、毎日更新するためです。

でんき予報には、当日と翌日の電力需給の実測値と予測値などが掲載してあります。
とくに、当日の電力使用状況の推移を示したグラフに興味が湧きます。

電気使用量のピークは、14時台を中心とした、わずか数時間です。使用率は90%前後に達します。
一方で夜中の1時から朝の5時ごろまでは使用量が少なく、ピーク時の6割程度です。

そのデコボコした棒グラフを眺めていて、つくづく思います。
デコボコを平らにならしたら、電力使用率はせいぜい7割程度じゃあないか、と。
ところがデコボコしているものだから、一時的にでも、供給力を超える心配が出てくるのです。

深夜に発電した電力を、昼間に利用することができれば、このデコボコを少し平坦にすることができます。
現在これを部分的に解決しているのが「揚水発電」です。
しかし、日本の技術革新力に期待するなら、本命はやはり「蓄電」だと思います。

電気自動車や住宅レベルの蓄電システムは、すでに実用段階ですが、まだスケールが小さい。
これから日本が国を挙げてすべきことは、高効率蓄電池の開発と、大規模「蓄電所」の建設でしょう。

再生可能エネルギーによる発電推進も有意義ですが、蓄電技術で世界をリードする方が日本らしいと思う。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<クラウドパニック | メイン | 血液型と輸血と献血>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |