FC2ブログ
日々の感染者数に一喜一憂して、何が悪い
- 2020/07/30(Thu) -
都知事は「第2波」だと言い始めてますが、国はまだ認めません。多分まだ、感染者数が足りないのでしょう。
今日の官房長官の発言は、
・(感染者が1000人を越えたが)「再び緊急事態宣言を出す状況にはない「状況を注視しながら対応する」
・(医療提供体制は)「直ちにひっ迫する状況にない」「状況を引き続き注視して対応していきたい」

「注視する」という言葉ほど、ナンセンスなものはありません。最近姿を見せない安倍首相も良く使います。

多くの都府県で、そして日本中で感染者数が過去最高を更新していますが、国は思考停止状態です。
第1波のときに経済を止めた副作用が、よほどトラウマになったのか。きっかけがつかめず、固まっています。

日々の数値で一喜一憂せず、直近1週間の平均値で全体的な傾向を把握すべきだ、という意見も出ています。
科学的(統計学的)評価を行う意味では、その通りかもしれませんが、私はその意見は誤りだと思います。

感染は間違いなく拡大しているのですから、緊張感や危機感をそぐことは、国民の利益にはなりません。
インパクトのある数字を、わざわざ小さく見せようとすることに、かえってうさん臭さを感じてしまいます。
そうでなくても、日々発表されるのは2週間前に起きた感染実態の結果です。すでに遅れた数字なのです。
それなのに、感染者急増が目立たないように、なだらかに増えているように見せたい理由って、なんでしょう。

不都合なデータは解釈を変えてでも矮小化するのが、日本の政権や官僚の常套手段です。
しかしどのように小細工を弄しても、感染者数や患者数をごまかすことはできません。
無意味に冷静を装う政府よりも、日々の数値に一喜一憂する国民の方が、よっぽど正直な態度だと思います。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<梅雨が明けたらチャリ通勤(遅ればせながら) | メイン | 海に出て また山に降り 最上川>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |