FC2ブログ
漢字小話
- 2012/08/24(Fri) -
漢字学者白川静氏の学説による「漢字の成り立ち」は、読んでも読んでも面白いですね。

例えば「人」という字は、立っている姿を横から見た形とのことだそうです。
だから「人という字は人と人が支え合ってできている」という金八先生の話は、間違いと言われています。
しかし、私はそうは思いません。
金八先生が伝えたかったのは、漢字学の学術的解説ではなく、たとえ話を用いた人生訓だからです。

つい最近も、漢字にまつわる「ちょっといい話」に出会いました。
コッシー・D・レンさんという人の、8/22のブログを一部抜粋してご紹介します。

 誰でも口から プラスのことも マイナスのことも吐く。
 だから【吐】という字は 口と+と−で出来ている。
 マイナスのことを 言わなくなると−が消えて、 【叶】という字になる。

いい話じゃないですか。
もちろん学問とは関係ありません。
大事なのは、伝えたいことが、気の利いた「小話」に仕上がっているかどうかです。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<Apple勝訴 | メイン | クラウドパニック>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |