FC2ブログ
コロナ禍ですから、申請主義も性善説になってます
- 2020/10/02(Fri) -
「持続化給付金」の不正受給が全国で相次いでいるとのこと。でしょうね。なにしろ申請が簡単過ぎます。

しかしこのコロナ禍にあっては、助成金や給付金などの申請は、不正を覚悟でも簡便であるべきだと思います。
このような状況では、円鏡じゃないけど早いのが取り柄。何よりも、早い給付が最優先でしょう。

「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金給付事業」も申請は簡便で、提出する書類はごくわずかでした。
8月末に申請したら予定通り9月末に入金したので、同日中に、当院職員の個人口座に振り込みました。
迅速に処理してくれた県の関係者に敬意を表して、今日はさっそく恩返し。実績報告書を提出しました。

以前、「申請主義」の基本理念は「性悪説」だと書いたことがありますが、いまはすっかり「性善説」ですね。
緊急時だからしょうがない。そのかわり「性悪」な人がつけ込みやすく、不正受給天国みたいになっています。
こんな時に不正や詐欺を働く火事場泥棒に対しては、国があとでじっくり厳罰で対処してください。

今日は「医療施設静態調査」にも回答しました。3年ごとに行われる、診療機能を把握する統計調査です。
例によって厚労省お得意の、Windows版Excel文書を使ったオンライン調査票なんですよね。
「記入の負担を軽減できますので、ぜひオンライン調査を御利用ください」との記載にムカつきます。
そのMacユーザーの怒りをにじませた手書きの紙調査票を、今回もまた郵送した次第です。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<大統領のコロナ感染が世界危機を招かないことを祈ります | メイン | コロナ禍の開院13周年>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |