FC2ブログ
航空業界は、経営者も従業員も利用者も、いまが堪忍のとき
- 2020/10/07(Wed) -
ANAは、コロナの影響で大赤字。従業員の給与は減額され、年収で平均3割ほどの減額になるとのこと。
昨年までは、飛ぶ鳥を落とす(←航空業界では使いくにくい表現)勢いだったANAが、悲すぃ急転直下です。

「世界最大級の旅客機エアバスA380型機をハワイ便に導入したほか(略)国際線事業を急拡大してきました」
NHKのニュースがこのように、ANAの去年までの好況を言っているのは「フライングホヌ」のことです。

やったらデカいA380を3機、ANAが購入し、成田ーホノルル便に投入してJALに対抗したのはつい昨年のこと。
ホヌはずっと満席に近い状態が続き、当初は大成功だったと私は思っていました。
私自身のホヌ計画は、昨年台風に邪魔されて片道にしか乗ませんでしたが、いつかリベンジするつもりでした。

ただ、この「4発」(エンジン4つ)の超大型機は、燃費の悪さゆえに、製造は先月で中止となりました。
そのような方向性は何年も前からわかっていましたが、諸事情があって、ANAは敢えて購入したのです。

その理由のひとつは、JALの牙城であったホノルル線に殴り込みをかける、最強の機材としての導入でした。
しかしもうひとつの理由は、経営悪化によってA380の購入をキャンセルしたスカイマークの尻拭いでした。
スカイマークの債権者集会でエアバスの同意を取り付けるために、A380を買わされたというわけです。

経営破綻していたスカイマークは、その後再上場を申請していましたが、コロナの影響で取り下げました。
助けられたスカイマークも、助けたANAも、どの航空会社も全部、いまは厳しい状況にあります。
世界の航空需要がコロナ前の水準に戻るのは、2024年になると見込まれています。
やがて誰もが心おきなく航空旅行ができるよう、その時までANAもJALも耐え抜いてほしいものです。

関連記事
この記事のURL | 乗り物 | CM(0) | ▲ top
<<「Go To キャンペーン」って全部、制度設計がダメ | メイン | インフル流行を前に、いまのうちにコロナ診療・検査体制を整えます>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |