FC2ブログ
「発熱外来」稼働1カ月
- 2020/11/30(Mon) -
「診療・検査医療機関」に指定されて当院が「発熱外来」を稼働して、気が付けば1カ月たちました。
他の患者さんとは「時間的空間的分離」を行って診療を行うために、それなりに苦労・工夫をしています。

日々の発熱外来診療の内容は、厚労省に報告をしなければなりません。そのためのシステムが「G-MIS」です。
G-MISとは、「新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム」の英語の頭文字です。
( Gathering Medical Information System on COVID-19 )
ただし「情報支援システム」よりは「情報回収システム」とした方が、実態にも即してますけどね。

実際の運用はWebフォームへの入力だけなので、その点は簡単です。しかもMacでも使えるのが良いですね。
そのフォームに、IDとパスワードを入力してログインし、二つの「シート」に入力することになります。
(1)日次調査シート:毎日の発熱外来開設時間、発熱患者人数や検査人数等を、毎日13時までに報告する
(2)週次調査シート:毎週の医療資材の在庫量・備蓄見通し、購入見込量などを、毎週水曜日までに報告する

などと書きましたが、実はまだ、このシートに入力したこともなければ、厚労省に報告したこともありません。
発熱外来を開設して以来、私はG-MISへの報告を怠ったまま、すでに丸1カ月を経過してしまっているのです。

なぜそんなことになったのかと言えば、当院のIDも初期パスワードも、いまだに発行されていないからです。

さすがにどうかと思い、本日、県の担当部署に尋ねてみたら、厚労省の作業が遅れているようです、との返答。
なので毎日のデータは、各自がエクセルか何かに記録しておくようにとのことでした。

厚労省も忙しいのです。全国の医療機関の発熱外来の診療詳細などに、今はかまっている暇はないのでしょう。
しかしこれが「発熱外来診療体制確保補助金」につながるわけですから、あとでチェックが行われるはずです。
とはいえ、毎日の診療データの検証はほとんど不可能に近く、実質的にはノーチェックになるかもしれません。
各医療機関が、真面目に診療して、正確に記録して、正直に報告する、という点につきるんでしょうね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<「3密」はいいとして、「ぴえん」って何? | メイン | まっくらな駐車場でさむい>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |