FC2ブログ
安全神話
- 2012/09/04(Tue) -
栃木県内の放射性廃棄物の、最終処分場候補地として、矢板市が選定されました。

市長や住民はもちろん、こう言いたいでしょう。
(1)他の市町村ではなく、どうして矢板なのか
さらに言えば、
(2)福島の事故が原因なのに、どうして栃木が負担するのか
しかし福島にしてみれば
(3)東京で使う電気なのに、どうして福島で発電するのか
つまり
(4)原発が絶対安全なら、東京に作ればいいじゃないか
こうなりますよね。正論です。

「絶対安全だけど、大都市近郊には作らない」

この矛盾をお役所は当然、わかっています。
原子力委員会の「原子炉立地審査指針」から抜粋すると、

1.原子炉からある距離の範囲内は非居住区域であること。
2.原子炉からある距離の範囲内であって、非居住区域の外側の地帯は、低人口地帯であること。
3.原子炉敷地は、人口密集地帯からある距離だけ離れていること。

お役所も本当は、原発が絶対安全とは思っていないようです。
ただし、いま再稼働されつつある原発は安全だそうです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<不活化ポリオワクチン | メイン | 早起き>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |