FC2ブログ
新型コロナワクチンの接種計画が、いよいよ具体化してきました
- 2021/01/16(Sat) -
新型コロナウイルスのワクチンの日本国内での接種について、この数日でにわかに動きが起きています。

ワクチンは、国が指示して、都道府県がとりまとめ、医師会が協力して、市町村が実施することになります。
早ければ2月下旬から約3カ月間かけて、まず「優先接種」が行われる計画です。
その対象者は、2〜3月は医療従事者、4月に高齢者、5月は基礎疾患保有者、という順序が設定されています。
次いで、一般市民への接種が、6〜8月に行われることになりそうです。

ファイザーのワクチンは、–75℃で保管し、保冷Box+ドライアイスの保冷では10日間が限度とのこと。
最小流通単位が195バイアル(975接種分)なので、10日で一気に975回の接種をしなければなりません。
これを単独の医療機関でこなすのが難しければ、複数の医療機関でチームを組んで接種を行う作戦になります。

接種後にアレルギー反応が起きないかなど厳密な観察を行う必要もあり、接種にはかなり手間がかかります。
日本人にはなじみの薄い「筋肉注射」が、接種者にも被接種者にも、余計なストレスになるかもしれません。

折しもこの2日ぐらいの間に、ワクチンの「接種」と「被接種」を問う、2つの調査FAXが届きました。
(1)あなたの医療機関でワクチンを接種してもらえますか
(2)あなたの医療機関でワクチンの接種を希望するのは何人ですか

接種されたけりゃ接種しろというわけです。ええ、もちろん協力はしたいですが、よく吟味しなければね。
新興感染症の流行中に新ワクチンを接種するって、ちょうど新型インフルエンザの時を思い出します。
あの時は、優先接種の運用で失敗しましたよね。さてこんどは、どうなりますやら。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<『天国と地獄 〜サイコな2人〜』を、とりあえず観ました | メイン | コロナ患者を受け入れない病院名の公表は、やるべきじゃない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |