FC2ブログ
見かけはシンプルでも、内容はくどいのが好き
- 2021/03/22(Mon) -
「文章術」を指南する本やサイトは無数にありますが、私はなるべく読まないようにしています。
なぜなら、自己流が否定されそうな気がするからですが、今日うっかり、その手の記事を読んでしまいました。

その記事によると、「1文の長さは60文字以内が好ましい」とか。
おおっ。好ましいかどうかはともかく、たまたま当ブログは、原則として1文を50文字以内で書いています。
でもその理由は前にも書いたように、ブラウザで表示したときに次の行に折り返されるのがイヤだからです。

ですが無理くり50字におさめる推敲過程は、まるでパズルみたいで、実は私の大好きな作業なのです。

「シンプルに書く」=「なくても意味が通じる言葉を削る」だと、件の記事にあります。
なるほど。半分同感。ですが、シンプルがベストとは限らないのが、文章の面白さだと私は思っています。

たしかに、くどい文章は読みにくいですが、敢えてくどく書くことで、読者をイラつかせることができます。

読者のハートを刺激できれば、それはそれでインパクトのある文章と言えるでしょう。好印象ではなくても。
所詮、文字面だけの表現ですから、どれだけの効果を与えられるかを、最大限に工夫しなければなりません。
シンプルで読みやすい文章なんてのは、あっさりしすぎて記憶に残らないんじゃないかと、心配になるのです。

読んでスッキリ何も残らない「低残渣」ブログよりは、消化しきれず胃がもたれるような文章が私の狙いです。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<季節はずれのRSウイルス感染症大流行 | メイン | 「積ん読」は、本の熟成作業なり>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |